終了イベント

【終了】♪11/26(土) 1107の月例企画「巡る神社活動〜“氏神さま意識”を上げる神社散歩〜」 11月の巡るは、星降るまちの『星田妙見宮』

♪11/26(土) 1107の月例企画「巡る神社活動〜“氏神さま意識”を上げる神社散歩〜」 11月の巡るは、星降るまちの『星田妙見宮』

氏神意識向上・神社力最強化”を目指す1107「巡る神社活動」。
11月は、隕石落下の地?『星田妙見宮』に参ります‼

その昔、弘法大師・空海が交野の獅子窟寺吉祥院の獅子窟に籠り、修行をされていました。
お大師様が佛眼仏母尊という秘法を唱えると、なんと空から七曜(北斗七星)が3カ所に分かれて地上に落ちてきたそうです。
ひとつは、降星山・光林寺の境内、ひとつは星田傍示川沿いの星の森に、そしてもうひとつが星田妙見宮に落下しました。

この隕石をご神体とし、空海さんによって創建されたのが『星田妙見宮』。
このお話、ただの伝承に聞こえるかもしれませんが、西暦816年7月、北斗七星の方角からペルセウス座流星群が通過し、その時に交野が原の中心に落下した隕石により、山の大半が吹き飛ばされたという伝承が残っているそうです。実際、星田妙見宮の立つ場所の地形は馬蹄型にえぐれていて、隕石がぶつかったクレーターの跡だといわれています。

そんな星にまつわるご由緒を持つ星田妙見宮。ここでは、私たちそれぞれの“守護星”にお詣りすることができます。ひとりひとりに守護星があって、日々私たちを守って下さっているのだそうですよ‼
守護星にはこの2つがあります。
・本命星(ほんみょうじょう)…人の寿命を司る(つかさどる)星
・元辰星(がんじんじょう)…貧富などの運命を司る星
妙見宮さんの参道に守護星が分かる一覧表が設置されていますので、確認してお詣りしましょうね~♪

そしてもうひとつ『星田妙見宮』で外してはならないもの、それが「太上神仙鎮宅霊符七十二霊符」です。その名のとおり、72もの厄災から人を守る霊力があり、さまざまな願い事を叶える万能のこのお守りは、「神通第一にして霊験無比なること、この天尊(七十二霊符)に及ぶものはない」とまでいわれています。その大きさ、なんと、縦70センチ、横33センチ‼空海・最澄を始め、楠木正成・加藤清正などその霊験に帰依した歴史的人物は、数多にのぼります‼

そんな、見所満載な11月の巡るを、下記の日時で開催いたします。
星田妙見宮は山腹にあり、多くの石段を上ります。
さらに可能なら、光林寺、星の森と、隕石落下三か所を巡れたらと思っておりますので、めちゃめちゃ歩く覚悟でご参加くださいww
真っ盛りの紅葉が、きっと私たちを応援してくれると思います‼

【開催日時】2022年11月26日(土)午前10時30分集合 
【集合場所】JR学研都市線「星田」駅改札口

※参加費は無料。交通費など実費のみです。

【お申込み】https://ii07.net/mail/

歩きやすい服装でご参加ください。

※境内には沢山のお社があります。普段から“お賽銭貯金”と      して、沢山小銭を用意しておきましょうw

〜 DATA_BASE 〜

■星田妙見宮

【HP】

https://www.hoshida-myoken.com/

【ご祭神】

天之御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ)
高皇産霊大神(タカミスビノオオカミ)
神皇産霊大神(カミムスビノオオカミ)
仏教では北辰妙見大菩薩
道教・陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神

≪境内末社≫

【鎮宅社】太上神仙鎮宅霊符神
【三宝荒神社】三宝荒神
【豊臣稲荷社】保食大神
【登龍の滝】不動明王
【竜王社】豊玉龍王・豊正龍王
【青龍社】青龍大明神
【竜神社】金色龍王
【下社稲荷社】倉稲魂大神
【祖霊社】歴代宮司、社守の御霊

【ご神徳】

開運厄除、八方除け、事業繁栄、心願成就等々

 

【七星如意輪観世音菩薩めぐり】

星田妙見宮は、古来より星の信仰の聖地であり、御祭神の妙見さまは、北斗七星を司配される神とされている。人はこの世に生を受けると、北斗七星のいずれかの星が生涯にわたり守護している。当人の寿命を守護する星を「本命星(ほんめいしょう)」と言い、福禄を守護する星を「元辰星(がんしんしょう)」と言うとのこと

予めご自分の「本命星」と「元辰星(男女で違います)」を調べておいてください。
調べ方は下記をご参照ください。

【参考サイト】

■星のまち交野
「星田妙見宮の神々と里人の祈り」より
http://murata35.chicappa.jp/rekisiuo-ku/1505/index.html

■大阪の情報サイト We♥大阪
「【隕石落下のパワースポット】星田妙見宮で、あなたの守護星を見つけませんか」より
https://www.goshuin.happy-clovers.com/hoshida-myoken-tanabata/

RELATED POST